「安愚楽牧場」オーナーは賠償対象外 東電が方針

印刷

   東京地裁に民事再生法の適用を申請した安愚楽牧場(栃木県那須町)の和牛オーナーについて、東京電力の広瀬直己常務は2011年8月30日の会見で、個別の賠償請求には応じない考えを明らかにした。同牧場は原発事故や放射性セシウムによる肉牛汚染問題で経営が悪化したと主張、東電に損害賠償を請求する方針をすでに表明している。

   広瀬氏は、「安愚楽牧場が損害を受けた分については補償対象」と、牧場本体には補償する一方、オーナーへの補償については「オーナーの出資は原子力事故とは関係ない」と否定した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中