メキシコ麻薬組織男女2人惨殺、死体吊す 「ネットで批判するこうなる」と恐怖の脅し

印刷

   メキシコ北東部ヌエボラレドの歩道橋に20代の男女2人が惨殺され、死体を吊されるという事件が起きた。米CNNなど複数の海外メディアが伝えた。この男女はソーシャルサイトで麻薬組織を糾弾するカキコミをしたといい、歩道橋には「インターネットにおかしなことを書き込むやつはみな同じ目に遭うだろう」などと書いた張り紙があった。

   日本ではメキシコで起きている「麻薬戦争」の怖さを改めて認識し、掲示板「2ちゃんねる」では「おれら全員歩道橋だな!」などといったカキコミが出ている。

耳や指を切断されるなど拷問の痕跡

   CNNの日本語サイトは2011年9月15日付けで、「歩道橋に惨殺遺体、ネットで犯罪糾弾の見せしめか」という記事を掲載した。それによると11年9月13日に歩道橋に若い男女の死体が吊され、耳や指を切断されるなど拷問の痕跡があった。このほか、女性は腹部を切り裂かれ臓器がはみ出た状態、男性は右肩の骨がのぞくほどの深い傷があった。遺体近くに張り紙があり「インターネットにおかしなことを書き込むやつはみな同じ目に遭うだろう」と書かれ、麻薬犯罪を告発しているブログや、フォーラムが名指しされていた。殺された二人は麻薬組織の批判や悪口を書き込んだらしい。

   メキシコは世界最大の麻薬の生産・流通地になっている。取引額は年間数十億ドルといわれ、メキシコ経済が貧困化するなか麻薬を巡る利権の抗争が起こり、深刻化している。

   メキシコではここ数年、麻薬を巡り凄惨な事件が続いている。11年7月30日付け朝日新聞によれば、2010年の殺人による死者数は2万4374人と予想され、この多くは麻薬組織間の抗争に巻き込まれた犠牲者だ。07年と比べると2.7倍になった。治安の悪化が著しい町では警察官のなり手がいないという。

   当初は麻薬組織同士の抗争だったが、メキシコ政府、警察が制圧のために加わり激しさを増した。麻薬組織は「一般人」にもその手を伸ばすようになり、例えば今年は8月までに5人の記者が殺害された。1人の女性記者は首を切断された状態で見つかった。麻薬組織から警察や軍の情報を漏らすよう脅され、事件に巻き込まれたという。

   2010年は若い女性弁護士が手足を斧のようなもので切断され、全裸で道に捨てられていた。背中には麻薬組織の犯行声明が張られていた。この写真はネット上にばらまかれ、恐怖を煽った。

異常性は人間の理解を超えたところまで来ている

   麻薬組織が行う殺害はすさまじい。耳を削ぐなどの拷問を行った後に、首や手足を切断。そして橋げたに吊したり、人目に付く場所に犯行声明とともに投げ捨てる。大量の死体を強酸液プールに投げ入れ溶かすという写真も出回りネットが騒然となった。08年以降、メキシコの貧困が悪化するに従い、殺人はより残虐によりグロテスクになっていき、その異常性は人間の理解を超えたところまで来ているという。

   そして麻薬組織のターゲットはソーシャルサイトで議論している人にまで手を伸ばし始めたわけだ。「2ちゃんねる」では「おかしなことを書くと殺される」というワードがクローズアップされ、「2ちゃんは匿名だから安心」「日本は平和でよかった」などのカキコミのほか、

「おれら全員歩道橋だな」
「おかしな事を書いている奴はみんな惨殺されるのか」
「ニュー速+におかしなことを書き込むやつはみな同じ目に遭うだろう」

などといった感想も出ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中