福島医大を放射線医療の拠点に

印刷

   福島第一原発事故を受け、福島医大(福島市)を放射線医療の拠点として整備する構想が動き出した。330床の放射線医学県民健康管理センター(仮称)など5施設を5年以内に新設する。福島県は政府と調整して、国の第3次補正予算で事業費を確保したいとしている。

   福島医大がまとめた復興ビジョンの概要を、福島民報など地元メディアが9月20日に伝えた。国内の専門家を医療・研究スタッフとして迎え、県内のがん医療を国内最高水準に引き上げる。センターは、がんの早期治療を担う拠点施設になる。付属病院にある甲状腺外科、血液内科、放射線科、皮膚科を移し、専門医を配置するなどして医療の高度化を目指す。乳幼児や妊産婦への放射線の影響が特に懸念されるため、小児科、産科もセンター内に置く構想だ。

   医学講座は被ばく医療に特化、講座新設に合わせて医学部の定員増を国に求める。施設や講座の新設に伴い必要となる医師、教授らは少なくとも数十人規模になる見通しで、放射線医療に関する連携協定を結ぶ広島、長崎両大から人材を得ることで合意している。今後、国内の関係機関に働き掛けるなどして医療・研究スタッフを確保する方針だという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中