キリンビール仙台工場で仕込み 200日ぶりに操業再開

印刷

   震災で操業を停止していたキリンビール仙台工場(仙台市宮城野区)で9月26日、仕込み式が行われ、200ぶりにビール製造が再開された。

   再開されたのは缶ビールの製造ラインなどで、遠野市産ホップを使った「一番搾り とれたてホップ生ビール」の仕込みが始まった。製品は11月2日から出荷され、ほかの銘柄の生産も順次再開される。

   全国のキリンビール製品の8%を生産していた仙台工場は、貯蔵タンク4基の倒壊など146億円にのぼる被害を受けた。

   キリンビールは今後、瓶ビールの製造ラインを含む本格復旧を目指す。工場の防災体制を強化して独自の緊急地震速報を導入、食料や毛布、燃料など700人分の避難物資の備蓄も図った。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中