「日本で大麻もらって知らずに吸った」 BIGBANGメンバーの説明に疑問の声

印刷

   日本でも大人気だという韓流グループ、BIGBANGのG-DRAGONさん(23)が大麻を使用したとして韓国で摘発されていたことが2011年10月5日、分かった。結果的に起訴猶予処分となったが、G-DRAGONさん側の説明には疑問の声も挙がっている。

   これまでの報道をまとめると、G-DRAGONさんは6月中旬に検察で毛髪検査を受け、陽性反応が出たが、使用量が少ない上、常習性も認められず、大学生であることも考慮して起訴猶予処分になったという。

弁護士「1回吸っただけで陽性反応が出るのは少しおかしい」

   10月5日には所属事務所によって事件の経緯を説明する謝罪文が発表された。

   BIGBANGの公演で5月に来日したとき、日本の関係者との酒席に参加した。そこでトイレに行った際、ファンと見られる若い日本人が、G-DRAGONさんに挨拶をしてきてタバコをくれたので、好意に応じるため2~3口吸ったところ、普段のタバコと違う変な感じがしたので便器に捨てたという。

   なぜ突然、韓国で毛髪検査されることになったのかなどは明らかにされていない。

   常習的に吸っていたのではなく、日本で大麻を譲り受け、大麻と知らずに少し吸ってしまったということだが、本当にそれだけで陽性反応が出るのか。

   薬物事件に詳しい弁護士の小森榮氏によると、常習者の場合、使用後数か月経っていても毛髪検査で陽性反応が出ることはあるが、それまで大麻を吸ったことのない人が2~3服吸った程度で反応が出るかは微妙だという。

「日本の裁判では、毛髪検査は薬物の常習性を立証するためにやる。1回ちょっと吸っただけで毛髪から陽性反応が出るというのは少しおかしい。海外のことなので詳しくは分からないが、鑑定やったことある人ならみんなそう思うのではないか」

テリー伊藤「本当に反省しているのか」

   また、G-DRAGONさんは2~3服吸って普段のタバコと違う感じがしたというが、大麻は臭いが強く、大麻の臭いを知っていなくても、手元に持っただけでタバコと違うことが分かるという。

   G-DRAGONさん側の説明については、テレビの情報番組でも疑問の声が挙がっていて、アナウンサーの小倉智昭さんも「とくダネ!」(フジ系)で「大麻って臭いで普通すぐわかる。ちょっと吸っただけで毛髪に反応が出るかも疑問」とコメント。

   テリー伊藤さんも「スッキリ!!」(日テレ系)で「彼の言ってることは全部、受け身なんですよ。もらいました、吸いました、知りませんでした。本当に反省しているのか」と厳しく意見していた。

   BIGBANGは日本では09年にデビュー。東方神起に続く男性の韓流グループとして、若い女性を中心に高い人気がある。今回の事件はファンにとってかなり衝撃だったようで、Mixi内にあるG-DRAGONさんのファンコミュニティには「悪いことは悪いことだし しっかり反省してほしい」といったものだけでなく「検察に毛髪検査を受けるってことはやっぱり常用者として目をつけられてたんではないかと思います…」という見方が書き込まれていた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中