人気声優戸松遥と入野自由「熱愛交際」 ナゾのブログがプロ並取材で暴露

印刷

   ともに人気声優の戸松遥さん(21)と入野自由(みゆ)さん(23)の「熱愛交際」がブログで暴露され、波紋を呼んでいる。それも、写真週刊誌も真っ青の手の込んだ写真・動画がアップされていたのだ。

   暴露したブログは、2011年10月6日夜に突然立ち上げられた。

戸松遥さんと入野自由さんがお泊まりデート?

グーグル検索では2人がトップ10に
グーグル検索では2人がトップ10に

   戸松遥さんを始め、ソニー系のミュージックレイン所属の女性声優4人の情報を提供するとして、「週刊ミュージックレイン Web版」とうたっている。この4人は、声優ユニット「スフィア」を組んでおり、日テレ系で7月16日から深夜の冠番組も始めている。

   ブログによると、2人は東京都内の焼肉店で8月8日、テーブルに向かい合って仲睦まじく食事をしていた。そのユーチューブ動画と写真が、ブログに貼り付けられていた。前日に同じ横浜市内で、遥さんは、初のソロライブツアーの最終公演を、入野自由さんは神奈川公演をそれぞれ行っていた。

   店にいたことの裏付けとして、ブログでは、遥さんの公式ブログに8月9日、壁紙などが同一の写真があることを挙げている。また、オレンジ色のブレスレット時計をいつものように左手首につけていることも指摘した。

   さらに、別の日には、都内のある大型電器店内を2人でデートしていたとして、その後ろ姿の写真を数枚アップした。遥さんがいつも使っている白い大きなバッグを持っていたことがその証拠だとした。

   そして、また別の日は、遥さんの自宅マンションに2人で夜に帰り、朝は、遥さんが駅まで自由さんを送っていたとして、その後ろ姿の写真も数枚載せている。証拠としては、バッグのほか、遥さんがいつもはいているオレンジ色のミュールを挙げた。

記事や動画は著作権侵害の申し立てによって削除

   「熱愛交際」について、このブログでは、戸松遥さんが先にデビューした入野自由さんにあこがれており、アニメの共演がきっかけになったと指摘している。遥さんは実際、2009年に声優学校サイトのインタビュー記事で、アニメ「千と千尋の神隠し」のハク役をした自由さんと共演できた喜びを語っていた。

   ブログによると、11年6月には、遥さんが自由さんの舞台を観劇するのが目撃され、自由さんも遥さんのマンションに頻繁に訪れているという。

   このブログで驚きが広がっているのは、写真週刊誌並みの手の込んだ撮影や記事だ。2ちゃんねるでは、「どう見てもプロの仕業だろ、これ」「どこかが声優を本気で潰しにかかってる」など様々な憶測が出ている。

   ブログには、ユーザーの情報がまったくなく、どんな意図があるのかナゾは多い。10月7日には再び更新され、ブログの記事やユーチューブ動画がミュージックレイン側の著作権侵害の申し立てによって削除されたことを明かした。これで本人と認めたことになると主張し、さらにほかの女性声優についてもこの日のうちに書くと予告している。

   ブログが写真誌並みに踏み込んだことについては、ネット上で論議になっている。100以上ついたはてなブックマークのコメントには、「ストーカーすぎて怖い」「ここまでするものなのか…?」といった疑問が多い。一方で、「週刊誌が許されてブロガーが許されない道理はない」「露出増え出して甘い汁ばっかりっていうのはないだろ」といった肯定的な受け止めもあった。

   事実関係やブログの意図について、所属事務所ではどうみているのか。ミュージックレインでは、取材に対し、担当者が外出中だとし、自由さん所属のジャンクションでは、「インターネットニュースの取材は受けていません」と回答した。

外資系求人特集

   海外企業の日本法人設立が相次いでいるが、日本の商慣習に理解がありながら、海外とのやり取りもできるバイタリティーを持ったマネージャークラスの人材が不足している。代転職サイト「ビズリーチ」の外資系企業特集によると......続きを読む

PR 2015/3/16

投資

   ここ数年、円相場の変動が大きくなり、外国為替証拠金(FX)取引では為替差益を狙う個人投資家が増えているようだ。いまや日本の個人投資家はすでに......続きを読む

PR 2016/6/1

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中