ドラマのTBS「南極大陸」が好調 フジは韓流頼みで23日にガチンコ

印刷

   TBS系の秋ドラマ「南極大陸」が初回から視聴率20%を超え、反響を呼んでいる。一方フジテレビは、韓流偏重と批判されながらも、韓国の女優キム・テヒさん(31)主演のドラマで勝負をかける構えだ。

   テレビの視聴率トップが10%台という最悪の状況が報じられる中で、久しぶりに明るい話題が出てきた。

「JIN-仁-」に続いて視聴率20%超えを達成

   TBSの開局60周年記念作としてスタートした「南極大陸」は、2011年10月16日の初回で、いきなり22.2%もの平均視聴率をマークした。瞬間最高は、実に25.5%にも達した。

   民放の連ドラで初回の20%超えは、11年は同じTBS系の春ドラマ「JIN-仁-」だけ。これも60周年記念作で、TBSは、大作をいずれも成功させつつあることになる。

   「南極大陸」の主演は、SMAPの木村拓哉さん(38)で、「JIN-仁-」にも出演した綾瀬はるかさん(26)のほか、芦田愛菜さん(7)ら人気者をそろえた。昭和30年代に、敗戦国から立ち直ろうと南極観測に挑んだ男たちとタロ、ジロら樺太犬との交流を描くストーリーになっている。

   韓流ドラマが次々に導入される中、日本発のドラマが再び脚光を浴びた形だ。それだけに、ネット上でも、次々にコメントが書き込まれている。

   演出などが「JIN-仁-」に似ているといった難点の指摘もいくつかあったが、総じて好意的な書き込みが多い。「やりゃあ出来るじゃねえか」「日の丸を背負った木村拓哉かっけーーーー」「震災から立ち直るべくがんばってる今の日本に必要なのは こういうドラマなんだよなあ」…。中には、これまでネット上で叩いてきたことを反省し、「TBSさん豚呼ばわりしてごめんなさいm(__)m」という告白まであった。

   これに対し、秋ドラマでキム・テヒさんを起用するフジテレビには、2ちゃんねるを中心に、批判の声が強い。

フジドラマの新しい試みは10%台前半か

   キム・テヒさんは2005年にスイスで、日本の竹島を韓国の領土とするキャンペーンに参加したことが韓国紙に報じられている。本人は最近、「日本は好きな国」と語ったと報じられているが、違和感も持たれているようだ。

   このところのフジテレビは、米倉涼子さん(36)主演ドラマ「HUNTER~その女たち、賞金稼ぎ~」(制作は関西テレビなど)が、初回の2011年10月11日から視聴率10%を切るなど、ひところの勢いがない。

   キム・テヒさん主演ドラマ「僕とスターの99日」は、23日からスタートし、「南極大陸」と同じ日曜日午後9時でバッティングする。果たして勝ち目はあるのだろうか。

   放送評論家の松尾羊一さんは、この点について次のように話す。

「日本のアイドルグループ『嵐』メンバーと共演するならともかく、視聴率が20%を超えることは難しいでしょうね。ある程度あっても、11~13%ぐらいになるんじゃないでしょうか」

   韓流に頼るのは、やはり限度があるという。

「若い女の子やおばさまのファンなど、好きな人は好きですが、関心ない人は見ないはず。テレビでも、韓流ドラマは、BS放送を含めて全体で週に10本ほどと、そんなに多くはありません。ドラマの手法も、特に目新しいところはなく、関心の度合いもそろそろ峠を越えているのでは」

   フジは、かつて「月9」のトレンディードラマを得意にしてきたが、韓流ドラマを導入したり、日曜日に新しいドラマを試したりと、やや混乱しているという。ただ、こうした手法は、ある意味で新しい試みだとも言えるとする。

「ヒットした韓流ドラマを東アジアで売ろうというのは、ハリウッド方式と言えます。フジも、それを一緒にやりましょうということでしょう。マーケットは国境を越えており、今回のドラマも売りたいと思っているはずです。日曜日に持ってきたのは、おばさま韓流ファンをターゲットにするとともに、お茶の間性も狙いたかったからでしょう。いわば『ハイブリッドドラマ』ですよ」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中