ソフトバンクとアリババ、米ヤフー買収検討 米報道

印刷

   米インターネット検索大手のヤフーの買収をめぐって、ソフトバンクと中国の電子商取引最大手アリババグループが協力し、投資会社と協議していると米ブルームバーグが2011年11月9日に報じた。

   これまでにも、アリババのジャック・マー会長は米ヤフーの買収に強い関心を示しているとコメントしている。アリババのほか、10月には米マイクロソフトや米AOLもヤフーの買収を検討しているとの報道が流れた。

   アリババは2005年に「ヤフー・チャイナ」を傘下に収めた。またソフトバンクは、「ヤフージャパン」の筆頭株主となっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中