「読売新聞1面に期待していたのに」 巨人の「お家騒動」ほぼ無視でガッカリ

印刷

   読売巨人軍の清武英利球団代表兼ゼネラルマネジャー(GM)が、渡辺恒雄球団会長を批判した「爆弾会見」から一夜明け、新聞各紙、中でも読売新聞が会見内容をどう報じるかに注目が集まった。

   「読売はぜひ1面トップで」と期待が高まったが、実際はスポーツ面での小さな扱いにとどまった。

目立たないサイズの見出しで小さく報じる

スポーツ面には掲載されたが、扱いは小さかった
スポーツ面には掲載されたが、扱いは小さかった
「巨人内紛 代表が反旗」(朝日新聞)
「巨人清武代表 内部告発」(毎日新聞)

   2011年11月12日、主要紙は前日の巨人・清武代表の会見を朝刊で大きく取り上げた。朝日や毎日は1面こそ野田佳彦首相の「TPP交渉参加表明」に譲ったものの、社会面では涙をぬぐう清武代表の写真入りで紙面を割いて報じている。産経新聞は1面に「巨人代表が渡辺氏批判」の見出しが躍った。

   一方の読売新聞朝刊。1面、社会面とも会見の記事は見当たらない。スポーツ面を開くと、紙面下部に「写真なし」で、

「巨人のコーチ人事 会長が指示と批判 清武代表が会見」

と、目立つとは言えないサイズの見出しとともに小さい記事が見つかった。巨人の桃井恒和オーナー兼社長や、清武代表の発言で「ヘッドコーチ人事」に名前が取りざたされた江川卓氏それぞれのコメントも合わせて掲載されている。日本経済新聞もスポーツ面だけの報じ方だが、こちらは清武代表の写真入り。読売の方がさびしい扱いと言わざるを得ない。

   清武代表の会見についてJ-CASTニュースが11月11日に掲載した記事に対しては、読者からさまざまなコメントが寄せられた。そこには読売新聞への期待の声も高まっていた。例えば「12日の読売1面トップは、勿論この問題だ」「1日1頁割いて、連載組む位の度胸が欲しい」「マスコミとしての器量が、ここで試される」など、そこには「身内」から何か行動を起こしてほしいという望みが込められていたように見える。

「私は今日の夕刊から止めます」

   しかし、12日の読売新聞朝刊での記事を見る限りでは、こうした期待にこたえたとは思えない。朝刊を読んだと見られる読者からは、「私は今日の夕刊から止めます」とがっかりした様子のコメントが届いた。またツイッターでも、

「読売新聞買ってきた。例の巨人のこと、ちっちゃ」
「これをいい機会にして購読をやめよう」

と、期待はずれの嘆きが見られた。

   テレビの報道番組でも、11日の夕方から夜にかけて各局では「清武会見」を取り上げた。テレビ朝日の「スーパーJチャンネル」では、会見内容に加えて渡辺会長の経歴や人物像に焦点を当てて約17分間放送。NHKの「ニュースウォッチ9」も、渡辺会長の球界におけるこれまでの「影響力」を振り返り、また今回の「内紛劇」について街行く人に感想を聞くなど、7分間を割いた。

   これに対して日本テレビの「news every」や「NEWS ZERO」では、清武代表や桃井オーナーの会見の様子をダイジェストで流し、時間も1分50秒程度と他局とは対照的な扱いだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中