就活短期決戦すでに内定ゲット 今スタートでは「出遅れ組」?

印刷

   2013年春卒業予定の大学生を対象にした企業説明会が、2011年12月1日に解禁された。

   例年10月1日に解禁されているが、就職活動の早期化で学業がおろそかになることを問題視した日本経済団体連合会(経団連)が「大学卒業予定者・大学院修士課程修了予定者等の採用選考に関する企業の倫理憲章」を見直したことにより、2か月遅れの「就活本格スタート」となった。本格的な選考のスタートは例年通り4月1日からで、13年卒の就活生には「短期決戦」が強いられている。

夏の時点で内々定を勝ち取っている学生がいる

戦いは始まったばかり…というわけでもなさそう
戦いは始まったばかり…というわけでもなさそう

   解禁初日から全国で多くの企業説明会が開催され、その模様はテレビなどで報道された。NHKでは東京・新宿区の合同就職説明会の様子を報じ、その中で参加者が「(説明会解禁が2か月遅れたことで)自分たちのやることが詰め詰めになり焦っている」「凝縮されただけでやっている内容は(例年と)変わらないと思うので、がんばるしかない」と話していた。

   多くの人が12月1日からいっせいに就活をスタートしたようだが、なんと夏の時点で内々定を勝ち取っている13年卒の学生がいるのだ。就活支援サイト「外資就活ドットコム」に、「13卒内定を最速でつかんだ就活生が語る、内定獲得するための3つのヒント」というコラムを寄稿している。

   この学生は理系の研究室に入っていて、外資系コンサルティング会社でサマーインターンに参加した。ほかの参加者はみんな優秀なので論理的思考能力やリーダーシップではあまり差を付けられないため「どういった局面でも常に全力を尽くす」「社員からのフィードバックを素直に聞いて、最大限活用する」「自分の課題に対して常に改善策を考える」という3つのことを意識して行動したことが、インターン先からの評価につながったようだ。

夏辺りから四季報見ながら企業絞っておく

   さらにツイッターでは「SNSとかで前から企業と連絡取ってて、もう内定もらった人がいるらしい」「中国人の賢い人には会社から申し込みがあってもう内定出てるんだって」という就活生のつぶやきもあった。早い時期から就職を意識して努力すること、チャンスを見逃さない鋭さを持つことが内定ゲットへの近道で、就活本格スタートに合わせて行動し出す学生は損をしているようだ。

   2ちゃんねるには「夏辺りから(就職)四季報見ながらHPとか財表とか見て企業絞っておくだろ。今日明日はリクナビマイナビからエントリーする作業があるだけで業界研究も企業分析もしてないのに『12月1日になったからエントリーしよう』とかどんなハードモードだよ」と、始動が遅かった人にとってはゾッとするような書き込みもあった。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中