吉田前所長病状めぐり憶測飛びかう ネットで「吐血説」、写真週刊誌「嘔吐説」

印刷

   病気療養を理由に退任した東京電力福島第1原発の吉田昌郎前所長の病状をめぐり、さまざまな憶測が飛び交っている。東電は、専門家から「放射線被ばくとの因果関係は考えにくい」との報告を受けたとしているが、病名は明らかにならないままだ。写真週刊誌が「嘔吐説」を唱えているほか、ネット上では根拠不明の「吐血」説も拡散している。

   吉田氏は2011年11月24日から入院しているが、東電は個人情報保護や本人の意向を理由に、病名や被ばく線量を公表していない。このことから、吉田氏の被ばくと病気の関連を疑う声は絶えない。

「吉田所長大量吐血 広がる被曝への不安」

   例えば、首都圏で12月2日に発売された「フライデー」12月16日号では、「被曝は関係あるか」と題した2ページの記事を掲載し、第1原発関係者による、

「嘔吐が続くなど、内臓系の疾患が疑われているような症状があったと聞いています」
「近く手術が必要なほど悪いと聞いています」

という伝聞情報を伝えている。

   ネット上では、さらに過激な情報も飛び交っている。原発情報をやり取りする2ちゃんねるスレッドで、11月29日21時58分に、

「吉田所長大量吐血 広がる被曝への不安」

と題した、新聞記事の体裁をまねた書き込みがあった。書き込みでは、入院先だとされる大学病院が発表した内容として、

「病室で大量の吐血した」(原文ママ)
「現在、集中治療室での治療にあたっている」

とされているほか、ご丁寧にも院長名の

   「病名は本人の希望で非公表とし、原発作業での被曝の因果関係はないと話した」 というコメントが付いている。

   だが(1)入院先は公表されていないため、病院が発表を行うはずがない(2)院長の年齢が間違っている、という2点から、2ちゃんねる上ですら「デマ」だとみなす声が大半だ。ところが、22時5分には、あるツイッター利用者が2ちゃんねるの書き込みの内容をツイートしたため、根拠なき情報が一人歩きを続けている。

治療の内容についても公表を拒む

   なお、吉田氏の病状をめぐっては、東電の松本純一原子力・立地本部長代理が12月2日朝の会見で、

「放射線の専門家の先生から、3月11日以降の原子力発電所の事故収束に従事した上での被ばく線量と、今回の病気の因果関係は考えにくいという見解をいただいた」

との見解を発表している。具体的には、放射線医学総合研究所(千葉市)の明石真言(あかし・まこと)理事が、吉田氏の病名、10年度の健康診断のデータ、過去分と3月11日以降の被ばく線量の提供を東電から受け、診断したという。ただし、明石氏が吉田氏に直接面会して診察した訳ではない。松本氏は、治療や入院の期間について、

「今の時点で何ヶ月かかるかは分かっていない」

と説明。治療の内容についても公表を拒んでいるため、東電の発表内容を客観的に検証できない状態が続き、今後も同様の憶測が流れる可能性もある。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中