12~13歳女の子の「ヘビメタアイドル」 「さくら学院 BABYMETAL」に世界が大注目

2011/12/16 19:32
印刷

   アイドルと言えばAKBしかいないという流れに抗するかのように、日本発の「ヘビメタ」アイドルユニットが海外で注目を集めている。動画が数十万回再生されるなど、予想以上の反響にレコード会社も驚いている。

   話題になっているのは、アイドルグループ「さくら学院」の3人組派生ユニット「BABYMETAL」。ヘヴィメタルとアイドルの融合をテーマにしたユニットで、「ド・キ・ド・キ☆モーニング」という楽曲のMV(ミュージックビデオ)が2011年10月にYouTubeで公開された。

「俺はなんてものを見てしまったんだ」「信じられない曲だ」

海外で注目を集めているBABYMETALの3人。左からMOAMETAL、SU-METAL、YUIMETAL
海外で注目を集めているBABYMETALの3人。左からMOAMETAL、SU-METAL、YUIMETAL。

   ツーバスのドラムが強烈なリズムを刻み、ダウンチューニングを施された重低音ギターが鳴り響いている。ヘヴィメタルの中でもかなりモダンなサウンドだ。

   メンバーのSU-METAL(中元すず香さん 13)ら3人も、赤と黒のゴシック調の服を着ていて、全般的にダークな雰囲気なのだが、サビになると一転して、「リンッリンッリンッ!おはようWake up」と、アイドルらしいキャッチーで明るいメロディーに。ここの繋がりが自然なため、ヘヴィなのに可愛いという不思議な楽曲に仕上がっている。12~13歳の女の子が頭を激しく振りながら歌っているというのも極めてユニークだ。

   MVが公開された当初は、日本の一部のアイドルファンが注目しただけだったが、1か月ほど経ってから、海外サイトで話題になり、コメントが大量に寄せられた。

「信じられない曲だ。誰か、私がなんでこの曲を好きなのか説明してください」
「俺はなんてものを見てしまったんだ」「まったく理解できない。でも好きだ」
「リンッリンッリンッ!アアアアアアアア!リンッリンッリンッ!」
「これはスリップノット(米メタルバンド)の新譜のデモ音源だろ」

というもので、日本のアイドルのMVなのに、約1300のコメントのうちほとんどが英語と、奇妙な状態になっている。メンバーの年齢が余りに若いことに驚くコメントもあった。

印刷
週末は海、平日は座って通勤 憧れの暮らしは案外簡単に手に入る

    平日は東京駅まで座って通勤。中古なら400万円台で家が買える。都心でマンションを買うより、もしかす... 続きを読む

PR 2014/12/18

同じ「時期」に、同じ「店」で、同じ「スーツ」買ったのに、なぜ?

    買い物でこれだけ差がでるとは驚きだ。たとえば、スーツや靴がセール価格からさらに... 続きを読む

PR 2014/12/17

おすすめワード

今旬ワード

スポンサードリンク

がんばろう日本
がんばろう日本
がんばろう日本 詳しくはこちら

他の言語

注目情報

宿泊券、ブランド時計当たる豪華「福袋」プレゼントも実施

TBM冬セール

数分で読める、わかる、鎌倉女子大学のwebミニ講座。これが無料?!

ミニッツシンキング

その見た目からは想像できない、ガツンとくる衝撃の辛さと、野菜の甘み・・・

ザス・インターナショナル
おすすめワード

【スポンサードリンク】

関連サイト

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット
このページのトップへ
ニュース
トピックス
特集
ひと登場
メディア
経済
ファイナンス
社会
IT
エンタメ
コアラのマーチの天気予報
ワイドショー
てれび見朱蘭
チャンネルGメン
太田総理
エイガ探偵団
おかわり!王様
Eたび
NHK注目
動画探偵社
TVトピックス
「嵐」注意報
深読み週刊誌
ブログウォッチ
深夜テレビ
放送作家日記
ドラマが好き
プロフェッショナル
クローズアップ
海外セレブ
あなたは何派? TVワンクリック
特番
あなたはどっち?アンケート
映画365日
テレビ業界
細木数子
甲子園
記事一覧
グルメ
乗り物
IT・ガジェット
携帯電話
家電
エンタメ
コスメ・健康
ファッション
イベント
トラベル
ライフ
コラム
カス丸
その他
1クリック投票
新着記事
トラブル
社内結婚
ハケン
サイト拝見
新書ちょっと
クラウド
悩み相談
特集
トピックス
29歳の君へ
できるヤツ
世界一蹴
ITとほほ
非サラリーマン
外資系で働く
転職日記
フリーランス
脱メタボ
債権回収OL
アニメ制作
J-CASTニュースについて
編集長からの手紙
創刊のご挨拶
J-CAST ニュースについて
お問い合わせ