靖国神社放火犯はだれなのか 「予告ツイート」のナゾ深まる

印刷

   靖国神社で2011年12月26日、放火事件があった。ツイッターで犯行予告があった可能性が報じられている。しかし、疑問点も指摘されており、ナゾは深まるばかりだ。

「樹木の穴でタバコ火がくすぶったことは、以前にもありました。しかし、こんな悪質、意図的で明らかな放火は、今回が初めてです」

   靖国神社の広報課長は、こう憤りをぶつける。

防犯モニターに火をつける男の姿

犯行予告なのか
犯行予告なのか

   神社の守衛室で26日早朝、防犯カメラのモニターを監視していて、神門前で火をつけている男の姿に気づいた。警備員が現場に駆けつけて消火器で火を消すとともに、別の警備員が110番通報した。迅速な対応で、神門にある木の扉の一部が焦げるだけに留まり、けが人もなかった。

   カメラに映っていた男は、上下とも黒っぽい服を着ていた。現場近くには油を入れたとみられるカップ酒の容器が2つあり、油をまいた跡があった。報道によると、事件前にツイッターで外国人問題に関連して「靖国神社を、放火してやろう」などと書き込みがあり、警視庁麹町署が関連を調べている。

   ネット上では、これは「AmaterasuJp」のアカウントを持つハンドルネーム「天照大神」の書き込みではないかとみられている。アカウントはすでに削除されているが、こんな内容だったというのだ。

「靖国神社を放火すれば、日本人は、少しは反省するんじゃないのか? あの場所こそ、日本人の、差別精神の、根幹なんだからよ」

   このユーザーは、金閣寺放火なら怒られるが、靖国神社なら忌み嫌われているので逆に喜ばれるとし、「俺は英雄」だとした。「在日コリアンの苦しみを、代弁したって、どうせ、日本人の心には、届かない」とも言っている。

   ところが、ネット上では、この書き込みは4月8日にあったものだとの指摘が出ている。とすると、果たして犯行予告と言えるのか、疑問の声も出ているようだ。

   靖国神社の広報課長は、書き込まれた時期などについて情報をつかんでいないとして、こう話す。

「私の知る限りでは、神社で警戒したことはなかったと思います。犯人などについて、心当たりもありませんね」

   12月27日夕現在では、犯行声明なども届いていないという。

「天照大神」は男か女か

   実は、「AmaterasuJp」のアカウントを持つ「天照大神」のツイッター書き込みで、2011年3月9日にも騒動が起こっていた。

   このユーザーは、私大文学部1年の在日韓国人女性と称し、自民党の西田昌司参院議員に在日韓国人らが通名を使って違法な献金をして議員辞職に追い込もうと呼びかけていた。別の「在日コリアン」が同様な呼びかけをして波紋を呼んだツイートをまねたという。ネット上で批判を浴びて炎上したため、すぐに冗談だと釈明している。

   アカウントはすでに削除されており、放火書き込みをしたユーザーと同一人物であるかははっきりしない。同じアカウントのユーザーはその後、別名のアカウントを作ったともされている。だが、この別名アカウントのユーザーは男性と見られ、アリバイがあるとして放火関与を否定しているようだ。

   これらユーザーの正体は、どこまで分かっているのか。

   西田議員の地元事務所では、秘書が「献金呼びかけはあったようですが、調べて突き止めてはいません。支援者の方からは、『気をつけて下さい』とのメールをたくさんいただきましたが、その後は特に聞いていませんね」と話した。

   ユーザーが在籍しているとした私大の広報課では、在日韓国人女性の名前では過去も現在も在籍していないとした。「悪意を持って書いており、どこまで本当なのか分からなければ、対処のしようがないです」と困惑した様子だった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中