「今年は女の子の勢いがすごい」 紅白歌合戦、7年ぶりに紅組優勝

印刷

   2011年12月31日に行われた「第62回NHK紅白歌合戦」は紅組の勝利で幕を閉じた。紅組が勝利するのは04年以来、実に7年ぶりということもあって、報道陣からは「おおっ!」と、予想外の結果にどよめきの声があがった。

   2011年の紅組は、KARA、少女時代といったK-POP勢が初出場を果たしたほか、AKB48は210人という異例のスケールでステージに登場。松田聖子さん・神田沙也加さん親子が親子で共演したり、病気療養中だった絢香さんが2年ぶりに復帰を果たすなど比較的話題が多く、視聴者票を押し上げる要因になったとみられる。紅組の通算成績は29勝33敗。

   結果発表後、小林幸子さんは、ステージから

「勝った!やっと勝った!」

と小躍りしながら楽屋にダッシュ。

   AKB48の主要メンバーも

「紅で勝つのが、こんなにうれしいとは思いませんでした」(大島優子さん)
「今年は女の子の勢いってのがすごいのかなって思いました」(高橋みなみさん)

と、笑顔で会場のNHKホールを後にした。

   一方、白組の司会を務めた嵐の松本潤さんは、

「負けたけど、いい経験になりました」

と、悔しさをにじませた。

「猪苗代湖ズ」には舞台裏からも拍手

12月30日のリハーサルでは、たまたま「紅組が勝つ」という設定。紅組司会の井上真央さんは「明日も勝ちます!」と意気込んでいた(写真はリハーサル時)
12月30日のリハーサルでは、たまたま「紅組が勝つ」という設定。紅組司会の井上真央さんは「明日も勝ちます!」と意気込んでいた(写真はリハーサル時)

   震災関連の演出も目立った年だった。8年ぶりに出場した長渕剛さんは、被災地の宮城県石巻市から、新曲「ひとつ」を披露。福島県出身の4人組バンド「猪苗代湖ズ」が福島県への愛をテーマにした「I love you & I need you 福島」を歌い上げると、舞台裏の報道陣や番組関係者からもいっせいに拍手が起きた。また、福島県出身の西田敏行さんは、新曲「あの街に生まれて」を歌った。

   出演者は、

「福島(での災害)は全然終わってないんで。これからも福島の人たちと頑張っていきたい」(猪苗代湖ズ・山口隆さん)
「子供の頃に、磐梯山や安達太良山…東京には空がないというけど、本当の空を見て育ったもんですから。あの空をもう一度取り戻したい。まだね、復興の緒にもついてないというのが現実だと思うんですよ」(西田敏行さん)

と、復興への思いを口にしていた。

   番組後半には、6月に復興支援のために来日したレディー・ガガさんが米ニューヨークから録画で登場し、「ボーン・ディス・ウェイ」など2曲を披露した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中