「らき☆すた」鷲宮神社の初詣客12年は47万人

印刷

   大人気アニメ「らき☆すた」に登場する神社のモデルとなった埼玉県久喜市(旧鷲宮町)の鷲宮神社の初詣参拝客数が2012年の三が日は47万人になった。鷲宮神社では「らき☆すたファンの方々に多数においで頂いています」と話している。

   「らき☆すた」は月間マンガ雑誌「コンプティーク」で2004年から連載が始まった。テレビアニメが07年4月放送されると人気が爆発し、この影響で初詣参拝客数も増えアニメが放送される07年までは13万人ほどだったのに対し、08年は17万人増え30万人になった。アニメの放送は07年9月に終了したが、参拝客は増え続け、10年は42万人、昨年は47万人となった。12年は昨年とほぼ同数だが、当初は震災の影響で減少するのではないかと考えられていた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中