広島刑務所から脱走の李受刑者、市内で身柄確保

印刷

   広島刑務所(広島市中区)から脱走していた中国籍の李国林受刑者(40)が、2012年1月13日16時30分ごろ広島市西区の路上で身柄を確保され、逃走容疑で逮捕された。

   時事通信社の報道などによると、李受刑者はニット帽に白いマスク姿で歩いていたところを女性警察官に職務質問され「李国林です」と日本語で答えた。果物ナイフを所持していたが、抵抗はしなかったという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中