ミクシィで覚せい剤売買、2人逮捕 「シャブコミュ」存在するのか

印刷

   大手インターネット交流サイト(SNS)の「ミクシィ」を通じて覚せい剤を売買していたとして、愛知県警が2012年1月中旬、元東京都新宿区議の男(43)と台東区の無職男(43)を覚せい剤取締法違反(営利目的譲渡)容疑で逮捕していたことが明らかになった。現時点では、両容疑者がミクシィ上に開設したとされる掲示板(コミュニティ)の大半はアクセスできない状態になっている。だが、ミクシィ上では「アイス」といった隠語を使って薬物のやり取りをほのめかす書き込みが絶えないのも現状で、今後、さらなる対策が求められることになりそうだ。

ミクシィ上で連絡先を交換

   逮捕された2人は、10年秋から冬にかけて、ミクシィ内に「元祖スノーランド」「元祖!シャブコミュ」などと題した「コミュニティ」と呼ばれる掲示板を開設。ミクシィ上で購入希望者と連絡先を交換し、携帯電話で振り込み先や受け渡し方法についての連絡をしていたとされる。なお、逮捕された容疑者のうちのひとりは、覚せい剤を指す隠語の「アイス」を連想させる「アイスマン」を名乗っていた。

   上記のコミュニティは現時点ではアクセスできなくなっている。だが、似たようなやり取りが行われているケースは、まだまだある。

   例えば、「シャブ」という名称を冠したあるコミュニティでは、雪だるまの絵文字が多数登場。具体的には、

「(雪だるまの絵文字)あるよ 興味のある方は返信下さい」
「(雪だるまの絵文字)って書いてあったんですが興味あります」
「(雪だるまの絵文字)ほしいです!!」

といった使われ方をしており、雪だるまの絵文字は、覚せい剤のことを指している模様だ。この場合、「メッセージ」と呼ばれる、第3者からは見えないメール機能を利用して売買についてのやり取りをしているとみられる。

「あっとやわらかぎんこう」は「@softbank.ne.jp」?

   また、

「極上あっあっあっるよ~詳しい内容はプロフ見てね」

という書き込みもある。この利用者のプロフ(プロフィール)を見ると、

「●●●あっとやわらかぎんこう で待ってます」

との記述。「あっとやわらかぎんこう」は「@softbank.ne.jp」を意味するとみられ、携帯メールでのコンタクトを求めていることが分かる。

   「氷稼業人」と、薬物の売人を連想させる名前の利用者は、

「あるよー プロフィールみて詳細はメールください」

   と、あからさまな書き込みをしていたが、プロフィールを見ようとすると、ミクシィの運営事務局によってアカウントが凍結されている状態だった。ミクシィでは200人規模で規約違反の書き込みに対する監視を行っており、このアカウントが凍結されているのも、その一環とみられる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中