被災地4信金に公的資金を資本注入

印刷

   金融庁は、東日本大震災で被災した岩手県、宮城県、福島県の4つの信用金庫に合計で630億円の公的資金を資本注入する、と2012年2月2日に発表した。信金に公的資金を予防的に注入するのは初めて。

   資本注入額は、宮古信金(岩手県)が100億円、石巻信金(宮城県)が180億円、気仙沼信金(同)が150億円、あぶくま信金(福島県)が200億円。4信金が優先出資証券を発行し、それぞれ8~9割を預金保険機構、1~2割を信金中央金庫が引き受ける。負担額の合計は国が547億円で信金中金が83億円。財務基盤を強化して資金需要に応える狙い。

   いずれも震災や津波で店舗が破損したり、震災や福島第一原子力発電所の事故で取引先の中小・零細企業や個人事業主などが大きな影響を受けたりして、貸出債権の一部の回収が難しくなっている。

   震災の被害を受けた金融機関への公的資金注入はこれにより、仙台に本店を置く七十七銀行をはじめ3銀行4信金2信組、注入額は1840億円にのぼり、11年度内の注入は一巡した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中