ジャスラックへの排除措置命令取り消しへ

印刷

   放送分野における音楽使用料の徴収方法が独占禁止法に当たるとして排除措置命令が出されていた日本音楽著作権協会(ジャスラック)は2012年2月2日、公正取引委員会の審判官から命令を取り消す審決案が通知されたと発表した。

   ジャスラックでは、排除措置命令を不服として取り消しを求めていた。審決案では「独禁法に違反する事実が認められなかった」となっていたという。ジャスラックは2月2日、「審判における当協会の主張立証に沿って適正な判断をしていただいたものと考えております」との声明を発表した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中