米財務省が「山口組」に制裁措置 幹部の資産を凍結

印刷

   米財務省が日本の暴力団「山口組」と旧ソ連圏の数カ国を拠点とする犯罪組織「ブラザーズ・サークル」に制裁を発動し、両組織幹部合計9人の資産凍結を米国の銀行に2012年2月23日に指示した、などと米CNNなどが12年2月24日に報じた。

   制裁対象となった9人のうち2人が山口組の幹部で、麻薬密売、マネーローンダリング(資金洗浄)、買春、詐欺に関わり、これによって山口組は年間数十億ドルの収入を得ている、と指摘されていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中