日産、新興国向けに「ダットサン」50万円の低価格 日経が報道

印刷

   日産自動車が2014年にも新興国向けに「ダットサン」ブランドを立ち上げ、約50万円の車両価格で投入すると、2012年3月2日付の日本経済新聞が報じた。

   それによると、装備や機能、サービスを絞り込み、まずインドとロシア、インドネシアで生産・販売し、早期に年30万台規模に育てる、という。

   日産にとって「ダットサン」は創業期の代表車種。インドやインドネシアなどでは、インドのタタ自動車が約25万円の低価格車を投入。韓国の現代自動車なども低価格車で攻勢をかけており、それらに対抗していくという。

   なお、日産は日経報道について、「当社が発表したものではありません」としている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中