日本初「鉄道検定」、5月に実施

印刷

   日本で初めて鉄道に関する知識を問う「鉄道テーマ検定」が2012年5月13日に行われる。

   テーマを絞った「テーマ検定」の要素を強くし、開催を追うごとに新たなテーマに次々とチャレンジすることで鉄道の魅力を毎回発見できるような検定を目指す。テーマごとに1~3級があり、2級合格者が1級を受験できる仕組み。受験者全員に毎回のテーマに合わせたデザインの限定チャームがプレゼントされるほか、5つのテーマで1級を取得すると「マスター」の称号とバッジが授与される。

   初回のテーマは「新幹線」で、3級と2級を受験できる。東京・名古屋・大阪の3か所で開催される。インターネットからの申し込みは3月25日まで。郵便払込取扱票が3月上旬から書店に設置される予定だ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中