「3.11は1分間つぶやき自粛」 ツイッターで「黙とう呼びかけ」に賛否両論

印刷

   東日本大震災の発生から1年をむかえる2012年3月11日14時46分から1分間、ツイッターで黙とうを――こんな動きが広がっている。

   ただ、インターネット上では「いいですね!」「協力します!」や、「意味わからん」「気持ち悪い」など賛否の意見が入り乱れている。

「いいよー!協力する!いい考えですね!」

話題になっているツイート
話題になっているツイート

   3月4日の夜、あるツイッターユーザーがこんなツイートを投稿した。

「皆さん、もうすぐ東日本大震災から一年が経とうとしてます。そこで来週の3.11の2時46分から一分間は黙祷としてなるべくツイートしないようにしませんか?自分の勝手な考えですが、協力してくれる方はRTお願いします」

   これに同意した人が拡散させ、3月9日現在1500回近くリツイートされている。ツイートした人には「いいよー!協力する!いい考えですね!」「すごく素敵な提案だと思います。その黙祷、陰ながら賛同させていただきます」「自分は被災地に住んでいるので辛かった事とかも沢山あったし、まだまだ課題も残されています。だからせめて、黙祷せずともあの日を思い出してくれればと思います!」などのコメントが寄せられており、11日のツイッター上の黙とうは実施されそうだ。

「一体感が欲しいだけ」「バカ丸出し」批判も続出

   一方、2ちゃんねるではこのツイートが紹介されると、

「意味分からん」「きもちわりー どうせ黙祷なんかせずに呟いてる人がいないかどうかリロードしまくってチェックするんだろ んで、1分間過ぎたら不謹慎だなんだって叩きまくる」
「こういうことする奴って一体感が欲しいだけで被害にあって亡くなった人に対する思いとかはほとんどないんやろな」「ツイートしないことが黙祷のかわりになるって考えるのはまさにバカ丸出し」

などと批判する書き込みが相次いで投稿された。

   ニュースサイト「秒刊SUNDAY」もツイートを紹介し、「誰が何のために黙祷をするかという意味を十分精査したうえで実施しないと、ただの流れやノリでの黙祷になってしまいそうである。まちがってもその瞬間に『黙祷なう』などとつぶやかないようにしたいものであるが、日本中で100人以上はいそうだ」と安易に黙とうを呼びかけるツイートに乗っかることに対して疑問を投げかけている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中