仙台のパンダ誘致「震災募金使わない」 ジャニーズ事務所が市側に伝える

印刷

   仙台市のパンダ誘致について、ジャニーズ事務所が震災復興支援で集めた募金を使わず自己資金を充てると市側に伝えていたことが分かった。批判が相次いでからのことだが、事務所では、「もともと計画がそうだった」と主張している。

   スポーツ紙各紙によると、マッチこと歌手の近藤真彦さん(47)が、復興支援プロジェクト「Marching J」で集めた募金や自己資金をパンダ誘致に使うことを提案し、5年間で約50億円もの費用を全額負担することにしたと2012年1月27日に明かした。

自己資金を充てると市に説明

仙台市議からも疑問が
仙台市議からも疑問が

   すると、募金は被災者に使うと言っていたのにおかしいと、ネット上で批判が高まった。また、中国進出への足がかりに利用するのでは、との疑念も出るほどの騒ぎになった。

   ところが、ジャニーズ事務所は、パンダ誘致には、義援金を使わず、グループ企業4社からの寄付による自己資金だけを使うとしていることが新たに分かった。3月8日発売の週刊文春・新潮が、仙台市議会で屋代美香議員(自民党)がした一般質問への答弁などを通じてこうした内容が明らかになったと報じている。

   仙台市の建設局次長によると、ジャニーズ事務所とは、2月2日に打ち合わせがあり、その中で自己資金だけで賄うと知らされた。募金については、被災した日本の子どもたちに使いたいと言っていたそうだ。

   スポーツ紙によると、近藤真彦さんは当初、「募金の使い道が明確な支援活動をしたい」と語っていたとされる。ということは、批判を受けて、募金をパンダ誘致に使う考えを撤回したのだろうか。

   この点について、建設局次長は、こう話した。

「撤回したのかは、確認していないので分かりません。もともとパンダ誘致に募金を使われるのかは明言がありませんでしたから、私どもは撤回したという認識はないですね。今回初めて、募金や自己資金の使い道について明確にされたのだと思います」

3月11日に東京ドームで会見

   そこで、ジャニーズ事務所に確認すると、珍しく宣伝部のスタッフが取材に応じてこう話した。

「批判されたから変えたのではなく、もともと計画が自己資金を使うことになっていたということです」

   さらに詳しく取材しようとしたが、直接の担当者が打ち合わせ中などとして話を聞けなかった。

   仙台市の建設局次長によると、上野動物園や神戸市立王子動物園の例で考えると、パンダのレンタル料や飼育舎建設費に加え、エサ代や研究費を含めると、5年間で9~10億円ほどかかる。真相ははっきりしないが、近藤真彦さんが明かした約50億円のうち残りの40億円ほどが子どもたちの支援に当てられるのかもしれない。

   こうした点について、建設局次長は「40億円といいますが、その額や活動内容についてはまったく聞いていないので、分からないです」と答えた。

   週刊新潮によると、ジャニーズ事務所は、東京ドームで2012年3月11日に行われる震災復興支援の報告と募金のイベントで会見して何らかの説明をすると明かした。とはいえ、ネット上では、本当にパンダ誘致に募金を使わないのかといった疑念や、ファンがタレントに出したお金を使うことになるとの批判も出ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中