「動かない史料」をどう救出するか? 文化財保護の課題【福島・いわき発】

印刷
newsp126002_1.jpg

   いわきはハマ・マチ・ヤマに三区分される。ヤマのすそ野の里の話。そこにカミサンの親類の家がある。昨年5月、避難所で使われていた毛布を届けた。


   3・11後、ハマの知人がしばらく避難所で過ごした。避難所が閉鎖されることになり、支給されて下に敷いていた毛布が不要になった。


   親類の家では、伯母さんが野菜づくりをしていた。寒さから野菜を守るために毛布をかぶせることがあった。要らない毛布があれば欲しいと言われていて、前に一度届けた。カミサンがそれを思いだしたのだった。


   その伯母さんが先日、95歳で亡くなった。10カ月ぶりに親類の家を訪れた。


   親類の家には白壁の土蔵がある。白壁だけでも立派に見えるのだが、扉の両脇と高窓にはさらに「こて絵」が施されている(高窓のは「巾着」=写真)。建てられたのは幕末か明治初期かわからないが、文化財級の土蔵には違いない――門外漢ながら、贅を尽くした土蔵を見るたびに圧倒されたものだ。


   その土蔵が3・11で激しく傷めつけられた。当主はどうしたものかと悩んでいたが、今度訪ねたら解体することに決めたという。「こて絵」は保存することにした。なんだか壁の崩落が進んだと思ったら、「こて絵」をはがしたためにそんな印象を受けたのだった。扉の右側の壁には「俵と白鼠」、左の壁は……思い出せない。


   3・11後、歴史研究家などがボランティアで文化財のレスキュー活動を行った。いわき地域学會の若い仲間がそうだった。彼にならえば、土蔵は古文書や書籍、手紙などと違って「動かない史料」だ。こうした「動かない史料」の救出・保存が課題として浮かび上がった。保存と解体と、引き裂 かれた実例を見る思いがした。

(タカじい)



タカじい
「出身は阿武隈高地、入身はいわき市」と思い定めているジャーナリスト。 ケツメイシの「ドライブ」と焼酎の「田苑」を愛し、江戸時代後期の俳諧研究と地ネギ(三春ネギ)のルーツ調べが趣味の団塊男です。週末には夏井川渓谷で家庭菜園と山菜・キノコ採りを楽しんでいます。
■ブログ http://iwakiland.blogspot.com/

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中