長崎ストーカー殺人 習志野署長を事実上更迭

印刷

   長崎県西海市でストーカー被害を受けていた女性の家族が殺害された事件に絡み、千葉県警習志野署員がストーカーの被害届受理を先送りした直後に北海道旅行をしていた問題で、県警は2012年3月23日、担当者の旅行を許可した大場仁志署長を4月1日付で警務部付に異動させると発表した。事実上の更迭とみられる。

   共同通信の報道などによると、県警警務課は、大場署長が「一身上の都合」を理由に辞職を申し出たが、旅行問題などの調査のため異動させると説明し、「更迭ではない」と話しているという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中