機密費「一定期間後に公開検討」、時期は明言せず 藤村官房長官

印刷
記者会見に望む藤村修官房長官
記者会見に望む藤村修官房長官

   安倍晋三元首相が官房長官在任時(2005~06年)に支出した官房機密費(報償費)の使途一部開示を命じる判決を大阪地裁が出したことを受け、藤村修官房長官は12年3月23日の会見で

「国の主張が一部認められず残念だが、判決をきちんとよく読んでその上で関係機関と協議して適切に対応していきたい」

と述べた。今後の対応については「一定期間経過後に公開することを含めて検討している」の述べたものの、公開の時期は「現段階でいつまでに、ということは申し上げられない」と、明らかにしなかった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中