「ブリタニカ」がついに消滅、平凡社は…? 「紙の百科事典」に未来はあるか

印刷

   23世紀を舞台にしたSF漫画「てきぱきワーキン・ラブ」に、登場人物が図書館で「2013年に刊行された、最後の紙の版の百科事典」を手に取る場面がある。もちろんこの時代には書籍はすべて電子化され、紙の本は消滅しているという設定だ。

   そんなワンシーンが現実のものになるかも知れない。百科事典の代名詞「ブリタニカ百科事典」が2012年3月13日、書籍版の刊行を打ち切ることを発表したのだ。

90年代を境に苦境続く

あの「ブリタニカ」が消える(Wikimedia Commonsより)
あの「ブリタニカ」が消える(Wikimedia Commonsより)

   百科事典の歴史は1751年にフランスで刊行を開始した「百科全書」に始まるとされる。ブリタニカはそれから間もない1768年に誕生し、以来244年にわたり15版を重ねた。しかし最近では、書籍版の販売部数が20年前の10分の1にまで落ちこむなど、不振が目立っていたという。

   ブリタニカのほか、アメリカを代表する「アメリカーナ百科事典」も2007年の改訂以来、書籍版の刊行を中断中だ。「紙の百科事典」には、世界的に苦境が続いている。

   1990年代からパソコンが普及し、次第にCDやDVD形式で刊行されるようになったことが大きかった。さらに2001年、フリー百科事典「ウィキペディア」が登場しで状況が一変した。無料で利用でき、なおかつ内容が随時更新される「ウィキペディア」は、改訂に時間のかかる従来型の百科事典を一気に凌駕した。パソコン用百科事典の代表格だった「エンカルタ総合大百科」(マイクロソフト)も2009年を最後に販売終了に追い込まれた。

平凡社「続けられる限りは続ける」

   日本で百科事典が盛んに出版されたのは1950年代後半から70年代初めにかけてで、当時は多くの家庭の本棚に百科事典がずらりと並んだ。今ではほとんど見かけない「百科事典の訪問販売」も盛んに行われた。

   しかし現在、書籍の形態で百科事典を刊行し続けているのは平凡社のみだ。同社は1914年刊行の小事典「や、此は便利だ」に始まり、1931年に「大百科事典」、1988年には現行の「世界大百科事典」を出版し、2007年にも「改訂新版」(全34巻、28万3500円)を上梓している。

   平凡社取締役の斎藤文雄さんは同社の「紙の百科事典」の今後について、

「合併による地名変更や物故者など小規模な修正を加えながら、今後とも増刷・販売を続けられる限りは続けていく」

と話す。そもそも事典編纂には大きな予算がかかっており、再生産によってそれを回収する必要もあるという。「ブリタニカ」書籍版の終了には「残念」と述べ、

「ドイツやフランスでは、細々とだが紙の百科事典の刊行が続いている。そういったところに国の文化や民度というものも表れると思うし、日本でもできれば維持していきたい」

と語った。

   台頭するウィキペディアなどについては、「一概に否定はしないし、長いスパンで見れば双方向型の百科事典には意義がある」と評価しつつも、「現時点では責任性がないのが問題。平凡社としては、信頼性のためにも『責任編集』というやり方は外せない」としている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中