任天堂、ネット課金開始 「ファイアーエムブレム 覚醒」で

印刷

   任天堂が2012年4月19日に発売した「ニンテンドー3DS」のソフト「ファイアーエムブレム 覚醒」で、インターネット経由で追加シナリオを販売する「ネット課金」ビジネスを始めた。

   本編のソフトは店頭で販売するが、本編とは違うエピソードを楽しめる「追加マップ」をインターネット経由で300円(5月末まで無料)で販売する。追加マップの種類は順次増やされる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中