ドラえもんDVDに「交尾」「コンドームー」 小学館が「性的文言」謝罪、製品交換

印刷

   小学館が2012年4月23日、人気アニメ「ドラえもん」のDVDの一場面に、「児童向けアニメーションにはふさわしくない言葉」が書き込まれていることが分かったとして、修正したDVDと交換すると発表した。不適切な文言が映り込んでいたのは、ほんの一瞬だが、「交尾」「コンドーム」といった性的な文言だ。小学館では、「不快の念をいだかれた方に、心よりお詫びを申し上げます」などと陳謝している。

1979年のアニメ放送スタート時の作品を収録

問題となったシーン。テレビで放送されたのは30年以上前だ
問題となったシーン。テレビで放送されたのは30年以上前だ

   交換の対象となったのは、11年発売の書店向けDVD「ドラえもんTVシリーズ名作コレクションDVD ゆめの町ノビタランド編」(発売元・小学館)と、ビデオ店向けの「ドラえもんタイムマシンBOX1979」(発売元・テレビ朝日、小学館)。これまでに、書店向け作品は5万8600部、ビデオ店向けは8100部製造された。

   広く親しまれているテレビ朝日系のアニメの放送は1979年にスタート。両製品とも、このスタート直後に放送された作品を収録しており、その中の「一生に一度は百点を」に、2秒程度問題の場面があった。

   「一生に一度は百点を」は、まんがの単行本でも第1巻に収録されている、きわめて初期の作品。どんな難しい問題でも簡単に解ける道具「コンピューターペンシル」がテーマだ。

   アニメでは、宿題が進まずに自暴自棄になる主人公の「のび太」に対して、ドラえもんが「それで宿題やってごらん!」と、のび太にコンピューターペンシルを差し出す。のび太は道具のおかげで、すらすらと問題が解けることに驚く、という流れだ。この場面で、のび太のノートがアップになるのだが、そこには

「交流回路で消費される精力」
「交尾回路で消費される電力」
「負荷がコンドームーの時」

といった文言が確認できる。小学館では、この文言を「当時の一部の制作関係者が記入した『いたずら書き』」だと説明。放送から30年以上が経過して、外部からの指摘で明らかになったといい、同社では

「当該場面をご覧になり、不快の念をいだかれた方に、心よりお詫びを申し上げます。また長きにわたり事態を掌握しなかったことを、深く反省しております」

とするコメントをウェブサイトで発表している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中