茨城などで「竜巻」発生 建物倒壊、ケガ人多数

印刷

   2012年5月6日午後1時ごろ、茨城県つくば市や栃木県真岡市などで竜巻とみられる突風が発生した。数十棟の建物が倒壊したほか、中学生の男子生徒が1人死亡するなど多数のけが人も出た。建物の損壊は100棟以上にのぼるとみられる。

   ネットには被害状況を伝える写真や映像がアップされており、竜巻によって破壊された家屋の様子や、なぎ倒された電柱などが被害の大きさを伝えている。また、ひょうが各地で観測され、ゴルフボール大のひょうが降ってきたという声もネットであがっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中