富士山直下に活断層か M7クラス地震の可能性も

印刷

   富士山麓の直下に活断層が存在する可能性が極めて高いことが2012年5月10日、東京大学の研究チームによる調査でわかった。

   09年から3年間の調査で、これまで判明していた富士山の近くにある神縄・国府津‐松田断層帯の南西の延長線上に、北東から南西方向に伸びる長さ約30kmの断層を発見した。断層はマグニチュード7クラスの地震を引き起こす可能性があり、地震の揺れで富士山東側の斜面に巨大な山崩れ(山体崩壊)が発生し、大量の土砂が雪崩のように下ったり泥流が発生するおそれがあるという。

   東大地震研究所の佐藤比呂志教授は調査結果を静岡県に伝えており、さらに調査を進めることにしている。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中