サントリー、32年ぶりウイスキーの生産能力増強

印刷

   サントリー酒類が「白州」ブランドのウイスキーを生産する白州蒸留所(山梨・北杜市)の設備能力を増強したと、2012年5月24日付の日本経済新聞が報じている。炭酸水で割る「ハイボール」人気のため、安定供給できる体制を整える目的だ。ウイスキーの生産能力を増強したのは山崎蒸留所(大阪・島本町)を含めて32年ぶり。

   直径4.7メートル、高さ5メートルの木製の発酵槽を新たに4基追加して計18基とし、5月から本格的に稼動させている。投資額は約1億円で、生産能力は従来比で約1割増える見込みだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中