橋下大阪市長ウォッチ
15人が入れ墨調査拒否 「権利のはき違え甚だしい」

印刷

   大阪市が全職員を対象に行った入れ墨調査で、15人がプライバシーの侵害などを理由に回答を拒否していることが2012年5月30日明らかになった。橋下徹市長は同日朝の囲み取材で、

「それは組織上許されないでしょうね。思想、良心でも何でもない。こんなものが思想良心、表現の自由だとか言ったら、組織の命令なんて成り立たないですよ。自由、権利のはき違えも甚だしい」

などと回答拒否の職員を批判した。今後、減給や訓告などの懲戒処分の対象にする方針。

   調査は教育委員会関係を除く全職員約3万3500人を対象に行われ、513人が未回答になっていたが、市では改めて回答を求めていた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中