「原発事故に負けたら種子が絶える」 執念のネギ栽培【福島・いわき発】

印刷
news_p134118_1.JPG

   ネギ坊主をつぶさに見ると、黄色く小さな花がびっしり咲いている。ネギ坊主は小花の集合体だ。チョウが来る。ミツバチが来る。ハナアブが来る。夏井川渓谷の無量庵。三春ネギの花と虫たちの協働作業(=写真)のあとに種子が形成される。花が咲いて実がなるゆえんだ。


   原発事故に負けて栽培をやめたら、種子が絶えてしまう。人間が介在して初めて種子のリレーが可能になる。去年はその一念で栽培を続けた。


   春まき品種と違って三春ネギは秋に種をまく。翌年、定植・栽培・収穫し、さらに次の年に残ったネギから採種する――足かけ3年がかりのサイクルだ。


   もっと細かく言うと――。秋に苗床をつくって種をまき、越冬して苗が育つのを待つ。一方で、種を採るためにネギを何本か溝(菜園)に残して越冬させる。定植を終えたあと、越冬した古いネギから採種する。種は秋まで冷蔵庫に入れておく。5月に苗を植える、6月に種を採る、10月に種をまく、というのが夏井川渓谷での"ネギ暦"だ。


   地元・牛小川の知人が放射能市民測定室で自家栽培の野菜を測ったら、問題がなかった。別の場所でも自家栽培食材の放射能測定が行われている。関係する知人によれば、市場で出荷停止になっている食材はやはり数値が高い。生のままの野菜よりは洗ってゆでた野菜の方が数値は低い、ともいう。


   近々、ネギ苗を溝に植え、6月に入って自家採種をすませたら、一度、三春ネギの放射能を測ってもらおうと思う。自家消費野菜の放射能については、いわき市も公民館など21カ所で簡易検査を実施している。近所の公民館もその一つ。状況証拠ではなく、数値を知って、さわさわしている心を穏やかにさせたい。

(タカじい)



タカじい
「出身は阿武隈高地、入身はいわき市」と思い定めているジャーナリスト。 ケツメイシの「ドライブ」と焼酎の「田苑」を愛し、江戸時代後期の俳諧研究と地ネギ(三春ネギ)のルーツ調べが趣味の団塊男です。週末には夏井川渓谷で家庭菜園と山菜・キノコ採りを楽しんでいます。
■ブログ http://iwakiland.blogspot.com/

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中