「私はタトゥーを入れた」 毎日新聞記者がコラムで

印刷

   毎日新聞の地方版で、記事を執筆した記者が入れ墨をしていることを「告白」している。2012年5月31日付の茨城版の「がんばっペン」というコラムで、記者は大阪市の橋下徹市長による市職員全員を対象とした入れ墨調査について、「調査をしなければ分からない程度であれば人目に付くこともなく、職務に支障が出るとは到底思えない」と異論を展開。そのうえで自身の経験として、「私は米国留学中にタトゥーを入れた。もちろん今も体にある」とつづった。

   人種差別を批判する米国音楽を好きになり、入れ墨に興味を持ったという。取材のときにはひと目に触れない服装を心がけているとし、「タトゥーを彫ったことを後悔したことはない」と断言した。

   コラムのタイトルは「多様性こそ社会」。記者は最後に「人間も、それぞれが違うからこそ面白い。私は、そう思う」と結んでいる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中