歌手の尾崎紀世彦さん死去

印刷

   歌手の尾崎紀世彦さんが2012年5月31日、東京都内の病院で亡くなった。69歳だった。6月1日、NHKが報じた。

   尾崎さんは神奈川県出身で、1967年にコーラスグループ「ザ・ワンダース」に参加した。70年にソロデビューし、71年にリリースされた2枚目のシングル「また逢う日まで」は100万枚のミリオンセラーとなり、日本レコード大賞と日本歌謡大賞を受賞。NHK紅白歌合戦には3回出場した。

   2012年4月に失踪、消息不明などと報じられたが、5月には入院生活を送っていることを実兄が明かしていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中