犯人はラドンだった! 井戸水の検査で100ベクレル超【福島・いわき発】

印刷
news_p135047_1.JPG

   道路沿いの花壇が黄色い花で埋め尽くされている。縁石のポールの根元にも同じ花が咲いている(=写真)。キバナコスモス?(オオキンケイギクだった) 至る所に花園ができ、花のスポットが生まれ、「ど根性花」が咲く。


   初秋、道路沿いにタカサゴユリ、あるいはタカサゴユリとテッポウユリの交雑種とみられる新テッポウユリが咲き乱れる。同じようにキバナコスモスがその地を覆い始めたか。とにかくこの時期、黄色い花が道沿いに咲き広がっている。なぜそうなるのだろう。私たちの身の回りには、こうした「はてな」が少なくない。


   いわき民報に読者参加の「くらし随筆」欄がある。週一回3カ月間、読者が決まった曜日に文章を書く。5月に入ってメンバーが一新した。木曜日、富原さんという人の随筆が特におもしろい。私たちが「はてな」にさえ思い至らない「新事実」を教えてくれる。


   富原さんはアクアマリンの職員らしい。アクアマリンの実験室で野生植物、魚、井戸水などの放射性物質の検査をしている。


   タケノコについて。「高血圧の予防に役立つカリウムがたくさん入っています。しかし、一方で、放射性カリウムも含まれており、タケノコでは150ベクレルほどあります。以前はこれを普通に食べていたのです」


   いわき市内の井戸水の放射性物質を検査したときのこと。「どうせ低い値だろうと高をくくっていました。/しかし結果は1キロ当たり100ベクレルを超える値が出てしまいました。(略)後日、念のためもう一度、同じ試料を測定してみると今度は未検出となっていました」。温泉水に含まれる、半減期が3.8日のラドンが犯人だった。さすが温泉地である。


   海の魚のドンコも、富原さんが小名浜港内で夜釣りをして、定期的にモニタリングをしている。「5月の検査では1キロあたり73ベクレルで、震災後初めて100ベクレルを切りました」。ドンコ釣りが大好きな富原さんは翌日、新鮮なドンコのナメロウをほおばった。


   こういう客観的・科学的で、トム・ソーヤ―的な文章を久しぶりに読んだような気がする。きょう(木曜日)はその5回目。何を書いているのか。夕刊が待ち遠しい。

(タカじい)



タカじい
「出身は阿武隈高地、入身はいわき市」と思い定めているジャーナリスト。 ケツメイシの「ドライブ」と焼酎の「田苑」を愛し、江戸時代後期の俳諧研究と地ネギ(三春ネギ)のルーツ調べが趣味の団塊男です。週末には夏井川渓谷で家庭菜園と山菜・キノコ採りを楽しんでいます。
■ブログ http://iwakiland.blogspot.com/

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中