おぎやはぎ「AKB演説」バッサリ 「篠田の顔が怖い」「高みな『努力』言い過ぎ」

印刷

   アイドルユニット「AKB48」の総選挙について触れた、お笑いコンビ「おぎやはぎ」の発言が話題になっており、ネット上で、「いいぞもっとやれ」「謝るまで許さない」と賛否両論が渦巻いている。

   2012年6月6日に「選挙結果」が出た翌日、TBSラジオで放送された「JUNK おぎやはぎのメガネびいき」で、番組スタート早々に総選挙の話題を切り出した小木博明さんと矢作兼さん。まず、ばっさりと斬られたのは篠田麻里子さんだ。

麻里子さま「スピーチが怖い。みんなひよっちゃう」

おぎやはぎのAKB48総選挙『総括』が話題に
おぎやはぎのAKB48総選挙『総括』が話題に

   「つぶすつもりで来てください。私はいつでも待ってます」と後輩たちを挑発した篠田さんのスピーチは多くのファンの心を掴み、スポニチアネックスの「一番スピーチが心に残った」という緊急アンケートでも1位に輝いている。

   しかし、これについて小木さんは「スピーチが怖い。みんなひよっちゃう」とし、スピーチ中の顔も怖かったと振り返る。また、「潰すつもりでこいって言ってもさ、結局ファン投票だから関係ねぇと思うんだけど」とも話し、矢作さんが「どれだけファンにサービスできるかってことでしょ」とフォローしても「媚びるってことでしょ、だから」と言い返した。

   前回の総選挙で「努力は必ず報われる」と発言した高橋みなみさんも標的となった。つらいことが多々あった1年を乗り越えて再び発した「努力」のメッセージだったが、これについても小木さんは「すごいんだよ、努力してるアピール」と少し引いている様子。「『努力アピール』されるとやらしい人間に見えてしょうがない」と一蹴した。しかし、最終的には「俺は高みな好きだからさ」とした上で、そういうふうに思う人もいるのではないかと、あくまで一つの見方だとフォローした。

ネットでは「いいぞともっとやれ」「言い過ぎ」の声

   ラジオではこのほかにも、AKB48とキャバクラの比較や一票ずつではない不平等さなどに言及。その後、この一連の総選挙『総括』がインターネット上で話題になり、「的確すぎて怖い」「いいぞもっとやれ」「このひねくれ具合いいわ」などと支持する声や、「言い過ぎ」「事務所に抗議メール送った。土下座して謝るまでは絶対に許さない」と賛否両論があがった。

   とはいえ、最初から最後まで辛口評価していたのではなく、「周りと違って切ないことを唯一言っていた」とする7位の小嶋陽菜さんや、今回2位だった「次期エース」の渡辺麻友さん、前回から躍進した4位の指原莉乃さんなども評価し、最終的には「楽しかった」と締めくくった。おぎやはぎは一部メンバーとも一緒に仕事をしていることもあり、今回のトーク内容は、毒を織り交ぜながらも「おぎやはぎ」なりの愛情が込もっていた、とみる向きもあるようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中