橋下大阪市長ウォッチ
「橋下徹が殺される!」 週刊現代記事に「取材源怪しい」

印刷

   大阪市の橋下徹市長は2012年6月20日朝にツイッターを更新し、「週刊現代」6月30日号の特集「橋下徹が殺される!」にコメントした。橋下市長は「タイトルにはびっくりした」としながら、

「貴誌が取材源としている大阪維新の会の府議は怪しいので変えた方が良いですよ」

とクギをさした。

   週刊現代の記事では、府議のひとりが、

「原発再稼働でも、政府と橋下さんの間に入ったのは仙谷(由人)さんなんですよ。そして橋下さんが撤退しやすいように交換条件を出した。再稼働を容認してくれれば、(大阪)維新の会が公約に掲げる『大阪都構想』に必要な地方自治法改正法案を国会に提出するというんです」

などと解説しているが、橋下市長は

「今回の大飯原発問題で、仙谷議員が間に入ったという事実はありません」
「また民主党政権から大阪都構想法案を取引材料にされたこともありません。僕がコミュニケーションを取らせてもらったのは細野大臣のみです」

と、事実関係を否定している。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中