K-POPブームついに終焉? チケット売れずイベント中止、返金もできず

印刷

   兵庫県内で開催予定だったK-POPイベントが、チケット売れ行きが低調で直前になって中止になった。イベントを主催した会社は事実上倒産し、チケットの払い戻しも出来ないという有様で、チケット購入者からは怒りの声が出ている。

   中止になったのは豊岡市で2012年6月30日、7月1日に開催予定だった「K-POP IN 豊岡・神鍋高原」。KARAや超新星といった人気グループが出演者リストに名を連ねていたが、6月21日、イベントを主催する企画会社「アンフィニジャパン」(大阪市)のサイトで中止が発表された。

「現在、見るべき資産がほとんどない状態です」

   それによると、「関係各所との行き違い等」が原因で、販売枚数が低調に推移した。その結果、各プロダクションや、各業者への支払い資金を捻出することができなくなり、中止にすることになったという。

   本来ならチケット購入者に対して返金しなくてはいけないが、「現在、見るべき資産がほとんどない状態です」。

   チケット代金のほぼ全てを韓国のプロダクションへの前金支払いと開催準備費用に充ててしまったため、返金することができなくなっている。同社は「大幅な債務超過状態」にあり、自己破産申し立て準備を行っているとしている。

   イベントでは、約9700人を収容する県立但馬ドーム多目的グラウンドの使用を予定していた。チケットは7000円から1万2000円のものを用意。同社担当弁護士によると、当初1万2000枚ほどの販売を見込んでいた代理店との契約がなくなってしまい、他でまかなおうとしていたが、それも間に合わず中止になった。

   いろいろ事情はあるにせよ、「飛ぶようには売れなかった」ということは確かなようだ。 帝国データバンクによると、同社が直接販売したチケットは450枚。2010年9月に資本金100万円で設立された会社だったという。

「『あのKARA』や『あの超新星』が来るのに何で販売低調なんだ」

   ネットでは、チケット購入者からは「許せない。責任もって返金してもらわないと」と怒りの声が出ている。

   疑問なのが、K-POPがブームの中、KARAや超新星といった大人気グループを呼んでもなぜチケットを捌けなかったのか、という点だ。確かに、会場の但馬ドームは神戸からでも2時間以上かかるので、立地はイマイチだが、それでも近隣県に住むK-POP好きにはまたとない機会だろう。

   2ちゃんねるでも「『あのKARA』や『あの超新星』が来るのに何で販売低調なんだよw」「韓流、K-POPも限界かな」という声が出ていた。

   「ぴあ」は、2012年6月22日、同社から購入した「K-POP IN 豊岡・神鍋高原」のチケット払い戻しを行うと発表した。他にもバスツアーを組んでいた旅行代理店が返金に応じているが、「アンフィニジャパン」から直接買ったチケットに関しては、今後の同社の自己破産手続きの経過次第となる。

   イベントの後援をしていた豊岡市の担当者はJ-CASTニュースの取材に対し「日韓交流の促進になるだけでなく震災支援などのために一部収益を寄付するという話だったので後援となりましたが、このような結果になって残念です。主催社からの連絡はありません」と話していた。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中