「真珠の耳飾りの少女」公開 100万人集客するか

印刷

   フェルメールの名作「真珠の耳飾りの少女」が公開されることで話題になっている「マウリッツハイス美術館展」の開会式が2012年6月29日、東京・上野の東京都美術館で開かれた。午前中のプレスプレビューには400人以上のマスコミ関係者が集まり、前評判通りの盛り上がりを見せた。

   「真珠の耳飾りの少女」は、30数点しか現存しないフェルメール作品の中で最も有名。小説や映画にもなり、「青いターバンの少女」という別名でも知られている。東京で公開されるのは28年ぶりという。

   フェルメールはこのところ世界的に大人気。08年にフェルメール作品7点を集めて開催された「フェルメール展」(東京都美術館)は93万人を集め、近年の海外美術展では最高の入場者数を記録した。

   今回は、全面改修工事で約2年間休んでいた東京都美術館の再オープン記念展ということからも関心を集めており、09年の「阿修羅展」(東京国立博物館)の94万人を超えて100万人の大台に乗るか、注目されている。30日から一般公開。9月17日まで。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中