山本太郎の姉が大麻所持で逮捕 「えーっ!マジか?」「ショック。何やってんだ」

印刷

   俳優で「脱原発」運動にも熱心な山本太郎さんの姉で、ヨガ講師の山本利華容疑者(48)が大麻取締法違反容疑で近畿厚生局麻薬取締部神戸分室に現行犯逮捕されていたことがわかった。2012年6月29日の朝日新聞デジタルが報じている。

「脱原発と彼女がやった事は、何の関係もない」

   朝日新聞デジタルの記事によると、山本利華容疑者は大麻樹脂約1.7グラムと乾燥大麻約1.5グラムを自宅に隠し持っていた疑いがあり、本人は容疑を認めているという。「脱原発運動や更年期障害で疲れ、気分を和らげるために使った」と供述したと書いている。大麻吸引に使うパイプ約20本も発見され、常習的に使用していた疑いがあるとして、入手先を捜査中だという。

   このニュースを受けて山本太郎さんは6月29日のツイッターで、

「えーっ!マジか?逮捕されてたなんて知らなかった。ショック。何やってんだ、いい大人が。脱原発と彼女がやった事は、何の関係もない。全ては自己責任。法の裁きを受け、一日も早く社会復帰してくれ、姉よ。」

と驚いた様子で、脱原発活動と大麻に関連がないことを強調した。

   ネットでは、「脱原発で疲れたからじゃなくて前から吸ってたろ」「面白い動機だ」などの声が上がっている一方、「脱原発デモ当日にこのニュースをぶつけてきたってことは・・・・・・」など陰謀論めいた発言で盛り上がっている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中