藤村官房長官、官邸前デモは「複雑な思い持っている人の集会」

印刷
定例会見に臨む藤村修官房長官
定例会見に臨む藤村修官房長官

   藤村修官房長官は2012年7月13日夕方の定例会見で、週ごとに規模が拡大している官邸前の反原発デモについて、

「(大飯原発の再稼働をめぐり)国論を二分すると言いますか、大変複雑な思いを持っている人の集会だと聞いている」

と述べた。7月6日の会見では、デモを「様々な意見の表明」と表現しており、1週間経って若干踏み込んだ表現になったようだ。また、大飯原発の再稼働については、

「安全性および必要性を丁寧に説明・確認した上で再起動することを政府の最終判断とした。このような考え方を、引き続き国民に説明していくべき」

と、正当性を強調した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中