日本女性の平均寿命、世界一から転落

印刷

   厚生労働省は2012年7月26日、11年の日本人の平均寿命を発表した。

   男性の平均寿命は79.44年で前年比0.11年減少、女性は85.90年で前年比0.40年減少となった。男女ともに09年から10年にかけても減少しており、2年連続で平均寿命が減少するのは初めて。

   国別に平均寿命を見ると厚労省調査では男女ともに世界一だが、香港は男性が80.5年、女性が86.7年で、日本は1985年から続いてきた女性の平均寿命世界一を香港に明け渡した。

   寿命の減少は11年3月に発生した東日本大震災が大きな原因で、地震による死因を除いた場合の平均寿命は、男性が79.70年、女性が86.24年となる。

年収400万円アップ 転職を成功させる方法

   エグゼクティブクラスの求人はほぼ公表されない。しかし、優秀な人材を発掘するヘッドハンターは実在する。では、彼らにどうやってアクセスす...続きを読む

PR 2015/04/02

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

京都の「智積院」では、国宝の長谷川等伯の襖絵を見ることができ...

京都

エクスぺリアのような高性能機種でも、こんなに差が出るとは!!

20〜40代の独身男性2000人アンケートでわかった真実とは?

メディアの成長支える「企画営業部」で即戦力となるスタッフを募集しています。

お知らせ