橋下大阪市長ウォッチ
「一線を越えればぶちのめす」 いじめ加害者には毅然とした態度必要

印刷

   大阪市の橋下徹市長は2012年8月7日、いじめの加害者を更生させる施設を設置する構想を披露した。市の教育委員5人と意見交換する中で、委員が(1)加害者に対する特別施設での更生プログラムがある(2)校長には加害者を転校させる権限がある、といった海外の事例を紹介したのに対して、橋下市長が反応した。

   翌8月8日朝の囲み取材でも、現状の鑑別所や少年院といった施設では、いじめの加害者に対応できていないことを指摘し、

「多数が少数をいじめたりとか、ひきょうなことをやるということになれば、『一線を超えればぶちのめす』ぐらいの毅然とした態度が必要」

と述べた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中