政府が業務用バターを追加輸入 クリスマス商戦に備える

印刷

   日本国内でバターは政府が輸入を管理する「国家貿易」であることをご存知だろうか。国内で流通するバターと脱脂粉乳は、国内の酪農を保護するため、基本的には国内産で賄い、足りない分に限って政府が輸入し、乳業メーカーなどに売り渡すことになっている。もちろん、外国産バターの輸入には高関税がかかっているため、民間業者が事実上、バターを輸入できない仕組みになっている。

在庫不測で国内価格が上昇

   農水省はこのほど、バターの最需要期である年末のクリスマス商戦に向け、国内のバターが不足する可能性があるため、業務用の冷凍バター2000トンを追加輸入すると発表した。追加輸入は昨年も行われており、1995年の現行制度発足後、今回が通算で3回目。

   「追加輸入とはあくまで緊急的に輸入する措置であって、あまり頻繁に行うべきものではない」(農水省関係者)という。バターの卸売価格は在庫の減少から上昇傾向にあり、今年6月には1キロ当たり1189円と、前年同月比で9.4%上昇した。

   国内のバターの需要は年間約8万トンで、日本はWTO(世界貿易機関)の国際協定に基づき、「カレントアクセス輸入」と呼ばれる国際約束数量(年間7459トン)を毎年、輸入することになっている。今年は2月に4000トン、5月に3459トンを既に輸入したため、今回発表の2000トンは追加輸入となるわけだ。

   農水省は今回の追加輸入について、2010年の猛暑と2011年の東日本大震災の影響で生乳の生産が落ち込み、在庫不足になったためと説明している。2010年の猛暑で乳牛の乳が出にくくなったり、子牛が生まれなくなったりなどの影響があったほか、昨年は震災による停電で生乳約4万トンを廃棄処分したことなどが響いたという。

国内の酪農を守る

   そもそも、なぜバターは国家貿易なのか。それはバターと脱脂粉乳は水を加えると、ほぼ牛乳と同じ成分に戻り、加工乳として利用できるからだという。言うまでもなく、牛乳からバターの成分となる油脂分を除いたのが脱脂粉乳だ。海外から安価なバターと脱脂粉乳が無制限に輸入され、乳製品の原料となると、国内の酪農が打撃を受けることになる。

   同じ乳製品でもチーズは牛乳に戻せないため、バターや脱脂粉乳に比べれば輸入は緩やかになっている。もちろんチーズにも高関税がかかっているが、バターほどではなく、実際にチーズは多くの民間業者が輸入し、様々な銘柄がスーパーなどに並んでいる。バターも、ヨーロッパなど海外産は独特の味を好むファンも多いが、コメや小麦などと並ぶ政府管理の国家貿易である限り、国内の店頭に多様な製品が並び、消費者が好みに応じて選ぶことはできそうもない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中