スマホ料金、東京が一番高い!「完全定額制」のせいなのか

印刷

   ニューヨークやロンドン、パリなど世界主要7都市でスマートフォン(高機能携帯電話)の利用料金を比較したところ、東京が最も高いことがわかった。

   総務省が初めて調査したもので、東京のスマホの利用料金は月額7357円。デュッセルドルフが7012円、ニューヨークの6493円と続いた。

海外の多くは「従量制」の料金設定

スマホの利用料金は、東京が1番高い!
スマホの利用料金は、東京が1番高い!

   総務省が2012年8月28日に発表した「2011年度の通信サービス価格調査」によると、スマホの利用料金は、東京とニューヨーク、ロンドン、パリ、デュッセルドルフ、ストックホルム、ソウルの7都市を、それぞれの都市で最もシェアの高い通信キャリアの料金体系をもとに、音声通話が月99分、メールの送受信が438通(うち215通を発信)、データ利用量1.6ギガと、条件をそろえて調べた。

   その結果、最も高かった東京は月額7357円。次いでデュッセルドルフの7012円。ニューヨーク6493円、ロンドン4626円、パリ3915円、ストックホルム3373円、最も安いのはソウルで2702円だった。比較は11年12月末時点。円換算しているので、東京が高いのは円高の影響もある。

   為替の影響を加味した、購買力平価による比較だと最も高いのはデュッセルドルフの9354円、次いでニューヨークの8946円、東京(7357円)は3番目に高かった。ロンドンの6242円、ソウル5209円、パリ4808円と続き、ストックホルムが3603円で最も安かった。

   東京のスマホ料金が高い原因を、総務省は「海外の料金体系は、利用量に応じて課金される従量制を採用しているケースが多い。日本は定額制なので、利用量が多い人にはいいですが、少ない人には向いていません」(電気通信事業部)と、料金体系の違いが影響しているとみている。

   今回の調査ではデータ利用量の条件を「1.6ギガ」と低めに設定しているため、「これを4ギガ、5ギガと高いほうに合わせると、従量制を採用している(海外の)ほうが料金も高くなると思います」と説明する。

   比較した7都市で「定額制」を採用しているのは、日本(東京)とドイツ(デュッセルドルフ)だけ。ただ、「日本の場合はSMS(ショート・メッセージ・サービス)料金なども含まれる完全定額制ですが、独ではSMS料金を別途徴収するなど、日本とは異なります」と、日本のような「完全」定額制はめずらしいようだ。

   また、SMS以外のメールやデータ通信の料金が、ほかの都市よりも高いこともある。

「高く」感じるわけ、端末代金も「月額料金」に加算

   通信キャリアから請求される毎月の利用料金を見て、「スマホは高い」と感じるユーザーは少なくないようだ。スマホは通話より、インターネットの閲覧や情報収集、ゲームなどをメインに使っているユーザーが多い。

   料金方式にもよるが、おもしろいゲームや有料のアプリケーションにはまって「通信料が高額になった」というユーザーもいるはずだ。

   また、通信キャリアから請求される利用料金には、通話料や通信料のほか、スマホの端末代金が加算されている場合がある。スマホの価格は約5~8万円と安くなく、若者ほど分割払いを利用して購入している。

   たとえば、高価なスマホになれば、24回の分割払いで月々3000円超も通信料金に上乗せされることになるわけだ。

   信用情報機関のシー・アイ・シー(CIC)によると、スマホを含む携帯電話の端末代金の返済が3か月以上滞る、いわゆる「延滞債権」の登録件数が、登録が義務付けられた2010年12月の92万2000件から、12年6月は約2倍の173万7000件に達した。

   スマホの利用料金が「高い」と感じられるのは、こんなところにもあるようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中