橋下大阪市長ウォッチ
世論調査で維新の会がトップ 好結果に「おかしいですよ、ちょっとやりすぎ」

印刷

   大阪市の橋下徹市長は2012年9月3日朝の囲み取材で、産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が行った世論調査の結果で、投票先として地域政党「大阪維新の会」が自民・民主を抑えてトップに躍り出たことについて、

「それはおかしいですよ、産経新聞さん。ちょっとやりすぎ。意図的じゃないですか?」

と苦笑いする一幕があった。

   橋下市長は、

「それは、ない!僕の感覚では」

と驚いていた。

世論調査の結果は「敵失」によるもの?


   世論調査の数字については、

「仮にその数字を前提にしても、既成政党が大きな失敗を犯したことによるのではないか。敵失というか、やっぱり今回の一連の騒動を見ると、国民のみなさんがげんなりしてしまったというのが正直なところなのでは。『維新の会応援』というよりも、既成政党に対する批判だと思う」

といい、あくまで「敵失」だと分析。「一連の騒動」の内容については、

「国会の空転ということについては、国民の皆さんは厳しく見ていると思う」

と述べ、解散時期や不信任案提出をめぐる混乱を批判した。

   産経新聞社とFNNの世論調査は9月1日から2日にかけて行われ、比例代表の投票先に維新の会を挙げた人が23.8%にのぼった。自民党は21.7%、民主党は17.4%だった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中