オープニングトーク5分熱く語る 「とくダネ!」小倉智昭、廃止報道を一蹴

印刷

   2012年8月26日から夏休みに入っていた「とくダネ!」(フジテレビ系)司会の小倉智昭さんが、9月10日から復帰した。

   夏休み中に「オープニングトーク廃止へ」の報道もあったが、この日約5分間のオープニングトークを披露、休み前と変わらぬ「冗舌っぷり」を見せ付けた。

興奮した様子で有村選手の魅力を語る

   小倉さんは健康的に日焼けした姿で久々にお茶の間に姿を現した。「ハワイに行っていたのか」と聞かれたが、北海道でゴルフをやっていて日焼けしたのだという。

   ここから、9日に行われたゴルフの大会「日本女子プロ選手権コニカミノルタC」「トーシン・トーナメント」に話が移った。有村智恵選手のメジャー初優勝に、ファンだという小倉さんは興奮した様子で有村選手の魅力を語っていた。

   トーシン・トーナメントでは、最終日にスコアが並んだ池田勇太選手と呉阿順選手(中国)がプレーオフで勝敗を決め、池田選手が惜しくも敗れてしまった。このプレーオフについて、なかなか決着がつかずすっかり暗くなってしまい、最後はカップから45ヤードの距離でのプレー開始となった。

   小倉さんは「ゴルフのバラエティー番組じゃないんだから」と苦言。海外では翌日にプレーオフを持ち越すこともあるが、日本のツアーでは翌日からゴルフ場の営業が始まるため、プレーオフを翌日に持ち越せない。

「例えば月曜日の朝8時から18番ホールだけ借りて、観客も入れないでやればいいのに…」

と提言し、約5分のオープニングトークを締めた。

   「とくダネ!」のオープニングトークについては、9月4日に東京スポーツが「視聴率低下のため9月から廃止する」と報じていたが、これまでと何ら変わりない放送となった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中